結婚してから本気で借りたいと思った事がありました

結論から言ったら、所費者金融を利用したことは、ありません。

でも他に借りるところが出来たから借りなかっただけで、なかったら間違いなく借りていたと断言できます。

結婚して主人の会社の業績が悪化してしまってお給料がガクンと下がった事が原因です。

今までは貯金もしていましたがその時は貯金どころか毎日の生活も厳しい状態でした。

結婚当初にマンションを購入してしていましたが今の収入がこんなにも下がるとは考えていませんしたし、車のローンもあと何年か残っていました。

しかしお給料日が遅れる事も出てきてしまって、支払いが辛くなって来ました。貯金も収入が減った分を補う補填に当てていたし、マンション購入の頭金でほとんどを使っていたので残りなんて本当にわずかしかありませんでした。

私が働ければ良かったんですが当時は妊娠中で働くことが出来ないし、毎日毎日生活の事で頭が一杯で、正直、生まれてくる赤ちゃんの事を夢見ながら楽しいマタニティー期間を過ごせた記憶なんてありません。

もう消費者金融で借りるしかないと思い出していました。私が借りるのか、それとも主人に相談して主人名義で借りるのか、頭の中で色々とシュミレーションをしていました。

正直、毎日仕事を頑張っている主人が一番辛いはずだし、子供が生まれてくるプレッシャーも感じていると思うから、主人には内緒で借りようかと考えている自分がいました。でもいざ借りても私が今は働けないので、返済する方法がない。

ネットで調べてみると、専業主婦でもお金を借りることができるとは書いてありましたが。。。

専業主婦夫に内緒でお金を借りる

夫に内緒でお金を借りることができると書いてあったのですが、借りたとしても、お金を借りないといけないくらいの生活をしていているのに返済なんてしていけるわけもないと自分に言い聞かせました。

働きたくても妊婦を雇ってくれるところなんて全然ないし・・・一件 妊婦さんが新しく入っているコンビニが近くにあったんだけど、そこはもうアルバイトの募集をしていませんでした・・・少しの間でも働かせてもらえるところがあればどれだけ助かっただろうと思います。

もし今までに、返済に関する何らかのトラブルを発生させた経験があれば、新規キャッシングの審査を受けたとしても合格することは無理です。ですので、キャッシングを受けるには現在と過去の実績が、しっかりしていないと認められることはないのです。
返済金を支払うのが遅れるなどを何回も続けると、そのせいで本人のキャッシングの現況が落ち込んでしまって、高望みせずにかなり下げた金額を貸してもらいたいと思っても、本来通れるはずの審査で結果が良くなくてキャッシングできないということもあるのです。
住宅購入のための住宅ローンやマイカーローンと呼ばれる自動車購入のための資金とは異なって、カードローンの場合は、何に使うかは限定されないのです。使い道に制限がないので、ローンの追加融資してもらうことが可能など、複数のメリットがあるのです。
余談ですがキャッシングは、銀行系などで扱うときは、かなりの割合でカードローンとご案内しているようです。広い意味では、個人の利用者が、銀行をはじめとした各種金融機関から貸してもらう、少額(数万から数百万円くらいまで)の融資。これを指して、キャッシングという名前で名付けているのです。
ポイントによる特典を準備しているカードローンというのは、カード利用者に対して付与した独自のポイントをためていただくことが可能で、カードローン融資された所定の支払手数料に、集めてもらったポイントを使ってください!なんて宣伝している会社まで増えてきています。

 

ウェブページには一度は使ってみたい即日キャッシングのアピールポイントがたっぷりと掲載されていますが、本当に必要なこまごまとした仕組みについての説明を紹介しているところが、ないので利用できないのが悩みです。
インターネット経由のWeb契約は、操作もとっても簡単でありがたいのは間違いありませんが、やはりキャッシングの申込は、金銭の問題であるわけですから、その内容にミスがあった場合、通過できるはずの審査でOKがでない…こうなる可能性も、0%だとは言えないのが現実です。
意外なことに金銭的にピンチになるのは、女性のほうが男性に比べて大勢いらっしゃるみたいですね。これから先は今よりもより使いやすくなった女の人のために開発された、斬新な即日キャッシングサービスも多くなってくるときっと便利でしょうね。
ずっと昔は、キャッシングを新規申込んだときの事前審査が、今よりもずっと甘かったという年代だって存在していたのは確かですが、今日では新規申込でも昔よりもかなり高くなって、申込に伴う審査の際には、全ての人に基準どおりの信用調査が入念に取り行われています。
急な出費に対応できる利用者が増えているカードローンですが、もしもその使用方法がまずければ、社会問題にもなっている多重債務を生んでしまう誘因となることだって十分に考えられるのです。結局ローンというのは、借り入れをしたんだという事実を決して忘れてはいけません。

実はキャッシング会社が一緒であっても、ネット経由でキャッシングしたときに限って、お得な無利息でのキャッシングにすることができるところだってあるわけですから、利用申し込みの時には、その申込のやり方に問題がないかということも確認することが大切なんです。
ないと思いますがその日のうちにお金が入る即日キャッシングでは、実際にキャッシングの審査をするとはいえ申込書類を審査するだけで、申込んだ人が過去にどうだったか、今はどうなのかなどに関しては正確に調査確認していないに違いないなど、間違えた意識がありませんか。
即日キャッシングをするためにキャッシング会社に、事前審査からの依頼をするって決めても、そのキャッシング会社で即日キャッシングすることができる、申し込み締め切り時刻についても念には念を入れて確かめて納得してから融資のための契約申込を行うことが大切です。
実は銀行の融資金額については、借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからこれからのカードローンは、なるべくなら消費者金融など以外が正解だと覚えておいてください。融資を受けられる金額について、1年間の収入の3分の1以上になると、融資を銀行以外から受けることは不可能だという規制なんです。
昔と違って現在は、数も種類たくさんのキャッシングローン会社でキャッシングが可能です。ネット広告などでも見かけることが多い消費者金融(サラリーマン金融、街金とも)であればみなさんよく御存じでもあり、無駄な不安を感じることもなく、新規申込みを行うことだってできるのではないかな?

苦しい生活には変わりがないと思って、仕方なく私が自分の実家に相談しました。状況を正直に話して何か良い考えがないか相談したいと考えていましたが、両親は私が来る前から、お金で困っている事が分かっていたみたいで、私達に貸すつもりでお金を用意していてくれました。

そしてマンションのローンもしばらくは両親が払ってくれると言ってくれました。情けないし、恥ずかしい気持ちで一派でしたが、断わってもどうする事も自分たちにはできなのでお願いして甘えさせてもらいました。

主人も両親には頭が上がらないと感謝しています。

そして半年位して、子供が産まれて、主人も再就職先が決まって今では元の生活に戻っています。半年間お世話いなった私の両親にも借りたお金は少しずつ返済しています。あの時、消費者金融で借りていたらもっと大変な事になっていたとは思いますが、両親に助けてもらっていなかったら、間違いなく借りていたと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>